車査定をネットで行うメリットとデメリット

MENU

愛車は中古車市場でどれくらいの価値があるのか

 

愛車は中古車市場でどれくらいの価値があるのか

車を売りに出したいと思った時、なにはともあれ自分の車がいま、中古車市場でどれくらいの価値があるのか、つまりいくらぐらいで業者に買い取ってもらえるのか、ということを知る必要がありますね。

 

そういった車の価値を判定してもらうことを「査定」と呼んでおり、専門の業者に在籍するプロのスタッフが行ってくれるのが普通です。

 

通常は店舗に自分で持ち込むか、あるいは出張査定としてスタッフの方が自宅を訪れてくれるかのどちらかですが、仕事や他の都合でどうしてもそのための時間の確保が難しい、などの理由で悩む人のために、「インターネットによる査定」というサービスがあります。

 

読んで字のごとく、実車を見なくても必要情報を知らせることで大まかな評価額を提示してくれるという便利なサービスとして人気を博しています。

 

しかし便利な反面、もちろん不便である点も把握しておかなくてはなりません。そんなインターネットによる査定のメリットとデメリットをみてみましょう。

 

まず、メリットに関しては何はともあれユーザーにとって「楽」ということです。実車を介した直接のコミュニケーションを必要とせず、パソコンの前にいて、必要であれば電話の応対だけで事が運ぶ査定のスタイルは忙しい現代人にはうってつけの方法であるといえるでしょう。

 

一方デメリットに関しては、情報だけのやりとりのため、どうしても「大まかな」評価額しか分からない、という点でしょうか。車の細かい傷やダメージまでは把握しきれないため、実際に売りに出して実車を最終チェックした時点で査定時とは異なる評価額を示されることもあり得ます。インターネットではあくまでも「概算」である点をよく理解する必要がありますね。

 

年式が古くて売れるのかどうかわからない。そのような売れるのかな?と思っているお車をお持ちであればまずはインターネットで売れるのか?を調べることが出来ます。車の情報を入力するとスグに買取価格を確認できるのでとても便利なサービスです。
長岡の車買取専門店相場をチェックする業界最大手のガリバーも参加しているかんたん車査定ガイドで愛車の買取価格を調べてみる(無料)